夜の市2013年7月13日 レポート

Posted by on 7月 17, 2013 in Staff Blog, 八島商店街 夜の市 | 0 comments

夜の市2013年7月13日 レポート

こんにちわ☆

torindoスタッフの木村です

先週、第3回目を迎えた「はまっこ 夜の市」!!

先週もたくさんの人でにぎわっておりました。

1G4A8124

 

 

 

 

 

 

 

アートポート企画

「夜の市教室(よるのいちきょうしつ)」

のレポートをさせていただきますっっ

第3周目の夜の市は
子供のダンスや学生バンドなどで盛り上がっておりました〜☆

1G4A8265

 

 

 

 

 

 


1G4A8304

 

 

 

 

 

 


アートポートからは
「夜の市教室」と称しまして、

“第1限目”   京都大学水産実験所の益田玲爾先生による

「海の教室〜舞鶴の海の魚たちの素顔」

“第2限目”    大阪大学特認教授•臨床哲学者の西川勝先生による

「哲学の教室〜心はどこにあるのか」

というテーマのもと、豪華な2本立てで行いましたっ!

アートポート前が今回は野外公演会場に!!
1G4A7944

 

 

 

 

 

 


そして、いよいよ
第1限目! 18時から
益田先生による「海の教室〜舞鶴の海の魚たちの素顔」が始まりましたっっ

幅広い年齢の方々が集まって下さってますっ

身近な舞鶴の海の中の魚たちの生活が、
益田先生によって、おもしろおかしく
そしてとても分かりやすく語られて、
大人から子供までみんなひきこまれていきます〜!

IMG_2461

 

 

 

 

 

 

 


スクリーンには、先生が実際潜って撮影されたお写真などを使って、
それぞれの魚たちの生態(生活?)が語られていきます。

1G4A8013

 

 

 

 

 

 

 

益田先生は

魚の行動や生態の謎を、潜水観察や飼育実験からひもとく
「魚類心理学」を専門に研究されています。

これは、舞鶴の音海(おとみ)で撮影された「ナマコ」
一日の大半は、海で寝ているナマコ、
なんとこのように、満月の夜だけは立ち上がるというのです!!

IMG_2469

 

 

 

 

 

 

 


会場のみなさんも、
「へぇ〜」「えぇー!」などと相づちを
うちながら夢中でお話を聞きます。

海の中ではこんな風にたくさんの生物の暮らしがあるのだなあ
と改めて思わされます。

先生のお話を聞くことで、
いつもの見慣れた舞鶴湾がまた見え方が変わってきます。。。

IMGP3826

 

 

 

 

 

 

 


最後は、質問コーナーで
「ウツボは魚ですか?」
「怒りっぽい魚はいますか?」

など、大人から子供まで質問が出て
益田先生もお一人お一人丁寧に答えて下さり、
みんな大満足で終了しました。

IMG_2473

 

 

 

 

 

 

 


今回の教室に備えて
舞鶴湾でのあさりの減少について調べた貴重なパネルをお借し下さった
青海さん、ありがとうございました!

1G4A7943

 

 

 

 

 




そして、19:30…夜も深くなってきて
第2限目です!
2限目はシリーズ「とつとつ」でもおなじみの西川勝先生による

『哲学の教室〜心はどこにあるのか』です。

西川先生と、、、白いロボット…!?

IMGP3845

 

 

 

 

 

 

 


なんと、今回はこの教室のために
人の存在感を伝える遠隔操作型のアンドロイド『テレノイド』が登場です!!
(お祭りに合わせて、
なんと”ねじりハチマキ”で来て下さったおちゃめなテレノイドさんです)

西川先生の声がテレノイドから聞こえ、
会場も驚きです

IMG_2479

 

 

 

 

 

 

 

テレノイドは、
実在する人間の姿形に近づける従来のアンドロイドとは違い、

人間としての必要最小限の見かけと動きの要素を備えることで
男性や女性、子供や大人、など、見る人それぞれに合わせた
イメージができ、

遠隔地で操作している知人が側にいるような存在感を
伝えるというのです。

そして、テレノイドさんを通じて
だんだん自然と「こころ」のお話へ。。
会場もごくりっと、息をのみます。

IMG_2489

 

 

 

 

 

 

 


「僕に心はあると思いますか?」
「心は身体の内側にあると思いますか?」

など、皆さんに質問したり、挙手をあげてもらったりしながら、
西川先生、会場を盛り上げていきます。

IMG_2497

 

 

 

 

 

 

 


「心は見えないと思う人?」の質問では
会場も半々にわかれます。

IMG_2495

 

 

 

 

 





先生の哲学的な視線や、実際の患者さんのお話を聞くうちに
自分に当たり前にある、と思っていたはずの『心』に対する
あたり前がくずれていきます。

見えない、と思われている心、
内側にあると、思われている心だけれど、
実際は表情や動き、(特に人は表情に)
いろいろなところに現れている、と先生のお話を聞きながら、
みんな納得。。。

心は頭や心臓にあるというけども、
「心を込める」「心が通じ合う」
という言葉から考えると、

心とは肌という外と内の境界にあるのではないか。。

と、先生は言います。

IMGP3865

 

 

 

 

 

 

 


そして、あっという間に1時間がすぎ、
息をのむ、第2限目でしたっ!

こちらも最後は質問コーナー

素朴な疑問から、少し難しい質問まで
いろいろな「こころ」にまつわる質問が出てきます。

そして、第1限目の益田先生による質問で
魚の心も、目に見える形で現れるとのこと。
先ほどの西川先生のお話の中で、人は主に「顔」、表情にあらわれる
とのお話が出ましたが、
なんと魚は背びれなどが、ぴんっと立ったりすることで
“見える”というのです!!

どちらも表面に見えるという意味では同じ、という
魚と人、の『心』に共通するものに気づき、
会場もわきましたっ☆
1G4A8275

 

 

 

 

 

 


大満足の「夜の市教室」無事に終了です

益田先生、西川先生、(そして、テレノイドさん)

素敵な夜を本当にありがとうございました!!
IMG_2524

 

 

 

 

 

 

益田先生の著書『魚の心をさぐる』(成山堂)

西川先生の著書『となりの認知症』(ぷねうま舍)

お気になった方は、
是非こちらもチェックしてみてくださいませ☆


今週はいよいよ夜の市ラストです!!

ラストは、昨年の夜の市で好評を博した
昔のモノクロ写真を投影する
「夜市八島幻燈夜会(よるいちやしまげんとうやかい)」です

どうぞ、お楽しみにーーー☆

 

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top