MAIZURU-KOBE Dance Artist in Residence Program

torindoでは、2013年2月4日〜3月25日まで、海外からのアーティストを招聘し、舞鶴と神戸に滞在して作品づくりを行う <舞鶴—神戸 アーティスト・イン・レジデンス・プログラム>を行います。   神戸を拠点に活動する NPO法人 Dance Box と共同で行う本企画は、昨年に引き続き2度目の開催。 昨年はインドからの振付家・ダンサー、ロニータ=ムカルジーさんが舞鶴での創作を行いました。 今年はどんなアーティストがやって来るのか?! 現在、2012年11月18日(日)まで公募によるアーティストを募集しています。 海外からのダンサー、振付家、身体表現や身体・ダンスに関わる作品づくりを行うアーティストまで、幅広く募集しています。   ☆応募要項・応募用紙(英文のみ)は下記からダウンロードの上、ご覧ください。 募集要項(DANCE BOX Resident Program 2012.pdf/227KB) 応募用紙(DANCE BOX Residency...

Read More

舞鶴市 特別支援学級・府立学校 第50回 連合作品展

舞鶴市 特別支援学級・府立学校 第50回 連合作品展

舞鶴市ふれあいレクリエーション・連合作品展実行委員会では、torindoによる企画コーディネートのもと、市立小・中学校特別支援学級と市内の府立支援学校・聾学校の児童・生徒たちが、普段学校でつくっている美術作品を一同に集め紹介 する「連合作品展」を開催します。50回目となる今年は、アーティストの遠藤一郎さん監修のもと、ひとつひとつに児童・生徒たちの「夢」を書いた連凧づくり「未来龍舞鶴大空凧」のほか、児童・生徒たちとともに話し合って出された「未来のまち」をテーマにした共同製作作品を発表します。普段学校でつくっている作品群のほか、共同製作の作品を通して、児童・生徒たち一人一人の創造力や個性、普段の生活や思いが垣間見える展示作品です。ぜひ11月の三日間、舞鶴赤れんが倉庫までお越しください! ☆本展示を手伝っていただけるボランティア・スタッフを募集しています! スタッフ募集の詳細は torindoまでご連絡ください。 第50回 連合作品展 開催日時...

Read More

老人ホームで学ぶ、シリーズとつとつ

2010年3月に舞鶴赤れんが倉庫で上演した砂連尾理 演出によるダンス公演「とつとつダンス」では、舞鶴市内の特別養護老人ホーム「グレイスヴィルまいづる」に入所するお年寄りと地元の小学生、アーティストらが約半年にわたり身体を動かすワークショップを行い、その後、ダンス作品を発表しました。そのことをきっかけに、同老人ホームでは、継続的に月1回のダンスワークショップ(講師:砂連尾理)、哲学勉強会(講師:西川勝)、文化人類学カフェ(講師:豊平豪)を行っています。 ホームの入所者や同ホーム職員、一般参加者も交えて多彩な交流や思考の場が展開されています。どなたでも自由にご参加いただけます。ぜひお気軽にご参加ください。...

Read More

種は船〜航海プロジェクト from舞鶴

種は船〜航海プロジェクト from舞鶴

種は船〜航海プロジェクト from舞鶴 公式サイトはこちら>> 「船は種 in舞鶴」 2010年から2012年まで舞鶴で行われたアート・プロジェクト「種は船in舞鶴」(2010-2011)と「種は船~航海プロジェクトfrom舞鶴」(2012)の<ドキュメント><アーカイブ><評価>を行う新プロジェクト。アート・プロジェクトの記録と調査を行い、それをどのように残し、評価していくか、ということに焦点をあて、torindoのほか、東京文化発信プロジェクト室、NPO法人recip(地域文化に関する情報とプロジェクト)、NPO法人アート&ソサイエティ研究センター/P+ARCHIVEとの協働企画として2012年度より実施しています。 2012年秋から2013年冬にかけては、「種は船in舞鶴」と「種は船~航海プロジェクトfrom舞鶴」の記録映像を中心としたドキュメント展示を東京と舞鶴で開催します。 東京 Trans Art...

Read More
Top