Multus #2 〜ダンス・オン・ピアノ

Posted by on 12月 21, 2013 in Multus〜向井山朋子コンサート, Staff Blog, おしらせ | 0 comments

Multus #2 〜ダンス・オン・ピアノ

昨年 好評を博した、アーティスト/ピアニスト・向井山朋子によるコンサートを2014年2月4日に開催します!

 

Multus #2 〜ダンス・オン・ピアノ

 

『Multus』シリーズ第2弾、監修者である向井山朋子と日本・オランダの実力派3人のピアニストの総勢4名で4手連弾による2台ピアノコンサートを開催。ビデオ・インスタレーションの中で聴く<ダンス>をテーマにしたプログラムが、東京、京都、仙台を巡回します。

 

日時:2014年2月4日(火)19:00開演/18:30開場

会場:京都芸術センター フリースペース

   (京都市中京区山伏山町546-2 http://www.kac.or.jp

料金:一般前売3,000円/学生前売2,000円 ※当日券は500円UP

チケット取扱い:●カンフェティ(ネット登録[無料]の後、セブンイレブンでの支払い/購入)

         http://www.confetti-web.com/ticket/ticket.aspx?tid=119840

        ●京都芸術センター窓口(直接購入) http://www.kac.or.jp/shop/

        ●torindoメール予約(事前振込の後、チケット郵送)

         下記メールアドレスまで枚数と券種をお知らせ下さい。銀行口座への事前振込の後、チケットをご自宅に郵送します。

問合せ:一般社団法人torindo(TEL 080-2411-0790 MAIL torindoinfo[@]gmail.com)

 

コンセプト&美術:向井山朋子(tomoko mukaiyama)

プログラム:イゴール・ストラヴィンスキー作曲《春の祭典―ピアノデュオ》

      フランソワ=ベルナール・マーシュ作曲《Styx》(日本初演)

      エリック・サティ/ジョン・ケージ編曲《ソクラテスー2 台ピアノ版》

ピアニスト:向井山朋子、ゲラルド・バウハウス、浦壁信二、佐藤祐介

 

美術家、音楽家である向井山朋子が監修する『Multus』(複数の意)は、照明や映像などの「音以外の要素」によって作られたインスタレーションのある空間で聴く複数のピアノと複数のピアニストによるコンサート・シリーズです。

『Multus』シリーズは2012年に始まり、その第1弾はジャン・カルマンとの恊働による制作。観客が持ち寄る室内ランプによる照明インスタレーションに囲まれて聴くミニマル・ミュージックは高い評価を得ました。

シリーズ第2弾は現代音楽をレパートリーとするピアニストとして著名なゲラルド・バウハウスをオランダから招き、また日本からは浦壁信二、佐藤祐介といった若手実力派2人のピアニストを加え、総勢4名で4手連弾による2台ピアノコンサートを行います。

今回の作品は、<ダンス>のように踊り、波打つ音楽と、観客を取り囲んで上映されるビデオ・インスタレーションの共演。映像は「オランダフィルムミュージアム」(EYE Film Institute Netherlands)が所有する60年代のモノクロの無声映画、ドキュメンタリー映画からの素材を再編集した新作となります。100年近くを経て再編集される映像の時間軸と音楽の躍動感が交差します。

 

主催:一般社団法人もんてん、一般社団法人torindo(京都公演)

共催:Tomoko Mukaiyama Foundation、京都芸術センター

助成:芸術文化振興基金、アサヒグルーブ芸術文化財団、オランダ舞台芸術財団、

   オランダ王国大使館、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

協力:アサヒビール株式会社  機材協賛・提供:株式会社エディスグローヴ

 

<他会場の公演情報は下記の通りです>

☆東京公演:2014年2月1日(土)-2日(日)15:30開演(両日とも)  @世田谷美術館

☆仙台公演:2014年2月6日(木)19:00開演 @イズミシティ小ホール

 

★向井山朋子プロフィール

1991年ガウデアムス演奏家コンクール優勝後、アンサンル・モデルン、アンサンブル・アンテルコンタンポラン、ロンドンシンフォニッタ、ロイヤルコンセルトヘボーなど世界一流オーケストラにソリストとして招聘され、新曲の初演に携わ る。一方イリ・キリアン、マリーナ・アブラモヴィッチらのコラボレーションのほか、近年は従来の形式にとらわれない舞台芸術やインスタレーションなど美術の領域にも進出し、2013年はあいちトリエンナーレと瀬戸内国際芸術祭で新作を発表、好評を得る。(向井山朋子公式ウェブサイト www.tomoko.nl)

 

multus_flyer_omote_1108 multus_flyer_ura_1119

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top